音楽学校 アルファノートミュージックスクール ~立川・国立で楽器を習う~

Blog

講師ブログ

久しぶりの超難曲…!(サックス柴田彩歩)

2019/02/02

こんにちは!サックス講師の柴田です♪
寒い日が続きますね、風邪が流行っている。実は私もインフルエンザやってしまいました…
健康第一ですね。

さて、最近は大学時代の同期に誘われて母校である国立音楽大学の講堂大ホールで演奏してきました。
なかなか手をつけられないような難しい曲…
フサの弦楽四重奏曲第3番を演奏しました。大変勉強になりました…(是非検索してみてね)

パート譜だけでは演奏が出来ないので、スコアを切って貼って、5時間かけて自分用の譜面を作りました。

サックスは様々な特殊奏法がありますが、"先生!これやりたい!"と言われるのが高い音を出す奏法、フラジオ。フラジオはカッコいいですよね〜^_^
今回はテナーサックスだったので音程も難しかった…まずは指を調整して良い音程の場所を探します。これがなかなか大変。さらに曲の中でスムーズに使えるように練習をしていく作業のようなことを繰り返していきました。

このような、ある意味地味なことを続けて奏者は技術を身につけるのではないでしょうか。最近私の生徒さんたちも"何が原因でこうなっているのかわからない"とたくさん悩んでいるようです。とってもいいこと!悩むのは成功への近道ですよね、って真面目になってしまいました(^-^;

2月になりましたね、チョコレートがたくさん並ぶおいしい季節だー!
ちなみにもう私は自分用のチョコレート買いましたよ❤︎
皆さまも風邪ひかないように、そして移さないように(笑)気をつけていきましょうね。

柴田彩歩🎷