音楽学校 アルファノートミュージックスクール ~立川・国立で楽器を習う~

Blog

講師ブログ

きっかけ🌸(ピアノ講師:林田明子)

2020/07/30

皆さんこんにちは、ピアノ講師の林田です!
今年は長い梅雨となり未だ明けずといった具合ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか☔️🐸

これまでのブログでは猫やゲームの話ばかりで、音楽の話から脱線していたので、今回は珍しく音楽の話をしてみたいと思います🎵
何の話題にしようかなぁと少し悩んだのですが、私がピアノを始めることとなったきっかけについてお話ししたいと思います!

私がピアノを始めたのは6歳、小学1年生の時でした🎹
幼稚園生の頃、友達が園においてあるオルガンで『猫ふんじゃった』を弾いているのを見て、「私も弾けるようになりたい!!!」と思ったことが1番のきっかけでした。
また、お遊戯会で聴いたブラームスの『ハンガリー舞曲第5番』、この曲も同時に弾いてみたい!と思い、両親に掛け合い、祖父母に電子ピアノを買ってもらい、音楽教室へ通うことになりました🌻
どうやら母の話によると、通い始めた当初は小学6年生までというお約束だったそうですが(覚えていない笑)、この時はまさか私が何十年もピアノを弾き続け、さらに生業にする事になるとは誰もが思わなかった事でしょう…
きっとこのブログをチェックしているであろう両親、また、電子ピアノを買い与えてくれた祖父母には一生頭が上がりません…🙇‍♂️💦

晴れてピアノを習い始める事となった私は、先生から花丸を貰えることが嬉しくて堪らず、曲をどんどん読み進めていきました。
発表会やコンクールに出演し始めた頃に言っていたのは「綺麗なドレスがいっぱい着れるから、私ピアニストになる!」だったそうです👗
なんという不純な動機…😂
ですが、もしかしたらピアノを長年続けてこれたのは、この不純な動機ありきなのかもしれません。笑

そんなこんなで、あと1年ほどでピアノを始めてから20年が経ちます。いまブログを書いていて気づきました、ビックリです。
20年続けていると勿論色んなことがあり、正直に言うと「全然ピアノ弾きたくない〜、やる気でない〜」となる事も多々ありました😅
ですが、「辞めたい」と思ったことは一度もありません。そしてこれからも一生、ピアノを弾き続けたいと思っています。

このブログをご覧頂いている方の中に、楽器や歌などを始めるか、レッスンに通ってみたいけどどうしよう、と悩んでおられる方がいらっしゃったら、お試しでもいいので是非初めてみて欲しいです!
「猫ふんじゃったが弾きたい!」「綺麗なドレスを沢山着たい!!」という、なんて事のないきっかけと想いで、20年間ピアノを続けている講師がここにいます😉笑
一歩踏み出す事で、やってみたい楽器などが生涯のパートナーのような存在になるかもしれませんよ!!🎵🎶

今回のブログもお付き合いいただき、ありがとうございました☺️

林田明子🎹