音楽学校 アルファノートミュージックスクール ~立川・国立で楽器を習う~

Blog

講師ブログ

インド渡航記 1 (ギター四月朔日義昭)

2019/03/09

インド渡航記 1

2018年12月27日、奥さんのゆきと成田にいた。かねてから夫婦でインドが課題と言っていて、年末にも関わらずリーズナブルに押さえることができた。
インドは暑い時期に行くと50度にもなり、飛んでいる蚊が溶けてしまう?らしい。
しかし、この時期、とくにデリーなどの北インドは寒いらしいが、寒いといっても年末の日本よりは暖かく秋くらいなんだろうとダウンジャケットを持参しなかったのを後で激しく後悔した。

成田でチェックインをし、運よく非常口前の座席がとれた。ここは体の大きい自分にとって足が伸ばせる特等席。ANA NH827便は17:15定刻通りに出発した。
デリーまでの飛行時間は約10時間。インドには0時過ぎに到着だ。だから機内で寝てしまうと夜寝れなくなってしまう。こういうときは映画に限る。
普段映画館に行くことがほとんどないので、気になっていた「カメラを止めるな!」など見て過ごした。
  
予定通り00:05デリーに到着した。空港にあるATMでルピーを3000円分換金。これくらいあればしばらく食べるのに困らないだろう。
現地ガイドと合流。28歳と若いが日本語が堪能でいかにもエリート風な男性。彼がのちに仕事放棄するとはこの時点で分からなかったが…。

空港を出ると野良犬が喧嘩している。インドの犬はとにかくデカい。ゴールデン・レトリーバーくらいの野良犬があちこちにいてビビる。

それより気になったのが空気汚染。ほこりと廃棄ガスがひどく、喉にはりついてくる感覚。iphoneの天気アプリを見ると「深刻な大気汚染」と出ている。それはそうでしょう。

車に乗り込み、初日のホテルに到着。お湯が出てホッとするが、すぐに水になってしまう。震えながらシャワーを浴びる。
(※トイレの写真はとてもお見せできるものではない)

それにしてもトイレの便器とシャワーの距離が近い。インドの浴室は一流ホテル以外はトイレはシャワーと同じ場所にあり、床が著しく汚いので、サンダルを持参しようと、ゆきが言っていたのは本当だった。アジア圏によくある、おしりを洗うハンドシャワーには謎の黒ズミ。潔癖の人はとても使えないと思うが、このハンドシャワーは慣れると非常に快適だ。
今回除菌シートを2ケース購入して現地の水道水で手を洗ったあとや食事前のスプーンなどに使用した。

それにしても部屋は窓に隙間が空いていて、とても寒い。冬のインドの朝晩はとても寒い。1泊2500円だがデリーでは4つ★ホテルだ。
震えながら初日終了。その2に続く(4月更新予定)。