国立ギター教室アルファノートミュージックスクール

アルファノートミュージックスクール 東京都国立市ギター、ボーカル、作曲レッスン JR国立駅南口徒歩7分! 国立ギター教室アルファノートミュージックスクール

JR国立駅南口徒歩7分、無料駐車場完備。教則本やDVDのインストラクターがマンツーマンで教えてくれる!
楽器を習うならアルファノートミュージックスクール

Tel:042-505-9560

Blog

☆カンタン!エフェクター講座☆(ギター大石善也) (2017/10/23)

こんにちは!ギター講師の大石です(^O^)
ここの所、学生さんやお子さんの生徒さんからよくエフェクターのご相談を受けますので、そちらについてお話しさせて頂きます( ´ ▽ ` )ノ

エフェクターには大きく分けてコンパクトエフェクターと言うものとマルチエフェクターと言うものが有ります。
コンパクトは一種類で一つの音切り替え、マルチは複数の種類で複数切り替えが可能です。(コンパクトには現在この限りでは無くストンプタイプも有り。) ズバリ!コンパクトは一つの音色に特化し、
マルチは様々なスタイルに特化しているんです(´ε` ) と、ここまででまだまだ序の序ですのでメリットやデメリットはGoogle先生に訊ねてもらって、今回は超簡単にオススメをお伝えしますV( ・ω・)V

マルチエフェクターが存在しない時代のブルースやジャズ等の音楽のみ演奏する場合、コンパクトエフェクターで良いと思います。 それ以外はひとまずマルチ!
ただし、歪み系だけはマルチで作り上げるのは少しコツが要りますので、アンプで歪ませるか歪み系のコンパクトエフェクターを後に追加するのが良いでしょう。
ちなみに僕の使っている簡単バージョンの機材はこちら!(・∀・)

コーラスとシタールシュミレーターと言うコンパクト以外は歪みも含め、
全てBOSSのマルチエフェクターを駆使しております。 この様に、人それぞれに合うパターンが有りますので、いつでもお気軽にご相談に来ちゃって下さい♪

以上、エフェクターのご相談についての簡単なアドバイスブログでした(*゚▽゚)ノ